表示されているページは、編集用 バージョンの MDN Web Docsです

MDN Web Docs のユーザーとして表示: https://developer.mozilla.org/ja/docs/Glossary/Falsy

ジャンプ先:

偽値 (falsy または falsey な値) は、 Boolean コンテキストに現れたときに偽とみなされる値です。

JavaScript条件文繰り返しなどの場面で、任意の値を強制的に Boolean に型変換します。

偽値は8つあります。

false false キーワード
0 数値ゼロ
-0 数値マイナスゼロ
0n BigInt で、論理値として使用された場合、 Number と同じ規則に従います。 0n偽値です。
""

文字列の値

null null - 何も値が存在しないこと
undefined undefined - プリミティブ値
NaN NaN - 非数

オブジェクトは、 [[IsHTMLDDA]] 内部スロットがある場合のみ偽値になります。このスロットは document.all にのみ存在し、 JavaScript を使用して設定することはできません。

JavaScript の偽値の例です (これは論理値のコンテキストでは偽に変換されるため、 if ブロックを実行しません)。

if (false)
if (null)
if (undefined)
if (0)
if (-0)
if (0n)
if (NaN)
if ("")

論理 AND 演算子 &&

最初のオブジェクトが偽値の場合は、そのオブジェクトを返します。

false && "dog"
// ↪ false

0 && "dog"
// ↪ 0

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
ToBoolean 抽象操作 の定義

詳細情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, mdnwebdocs-bot, hideo54, ft-harai
最終更新者: mfuji09,