表示されているページは、編集用 バージョンの MDN Web Docsです

MDN Web Docs のユーザーとして表示: https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/Strict_equality

厳密等価演算子 (===) は、二つのオペランドが等しいことを検査し、論理値で結果を返します 等価演算子とは異なり、厳密等価演算子はオペランドの型が異なる場合、常に異なるものと判断します。

構文

x === y

解説

厳密等価演算子 (=== および !==) は、厳密等価比較アルゴリズムを使用して二つのオペランドを比較します。

  • オペランドの型が異なる場合は、 false を返します。
  • 両方のオペランドがオブジェクトである場合、同じオブジェクトを指している場合に限り true を返します。
  • 両方のオペランドが null または両方のオペランドが undefined であった場合は true を返します。
  • どちらかのオペランドが NaN であった場合は false を返します。
  • それ以外の場合は、二つのオペランドの値を比較します。
    • 数値型は同じ値の数値である必要があります。 +0-0 は同じ値と見なされます。
    • 文字列型は同じ文字が同じ順序で並んでいる必要があります。
    • 論理型は両方が true であるか両方が false である必要があります。

この演算子と等価 (==) 演算子の最も顕著な違いは、オペランドの型が異なる場合、 == 演算子は比較前に同じ型に変換しようとすることです。

オペランドが同じ型である場合の比較

console.log("hello" === "hello");   // true
console.log("hello" === "hola");    // false

console.log(3 === 3);               // true
console.log(3 === 4);               // false

console.log(true === true);         // true
console.log(true === false);        // false

console.log(null === null);         // true

オペランドが異なる方である場合の比較

console.log("3" === 3);           // false

console.log(true === 1);          // false

console.log(null === undefined);  // false

オブジェクトの比較

const object1 = {
  name: "hello"
}

const object2 = {
  name: "hello"
}

console.log(object1 === object2);  // false
console.log(object1 === object1);  // true

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Equality operators の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
Strict inequality (a !== b)Chrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 4Opera 完全対応 4Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,